AM 9:00〜12:00 PM 17:00〜20:00 木曜休診

ペットを飼いはじめたら

仔犬、仔猫の時期に発見しておくことが大切な病気があります。また、その時期に知っていただきたい、その子の持つ将来の病気のリスクがあります。その他にもペットを飼い始めた時には知って頂きたい事がたくさんあります。私達、カーサ動物病院の全スタッフがこれからはじまるパートーナーとの時間が素敵なものになるようお力になります。どうぞお気軽に診察にお越しください。

1.ワクチン、フィラリア、ノミ、ダニ、消化管寄生虫の予防

混合ワクチンは子犬、子猫とも生後6〜8週から14〜16週齢まで1ヶ月ごとに接種します。フィラリア予防はワンチャンもちろん、ネコチャンにも推奨しています。また近年、ペットが持ち込む寄生虫によるヒトへの健康被害が心配されることからもノミ、ダニ、お腹の寄生虫の予防も推奨しています。現在は1つのお薬でフィラリア、ノミ、ダニ、お腹の寄生虫を予防できるものもあります。

2.短頭種を飼い始めたら

フレンチブルドッグやパグのような短頭種では多くの子が鼻、喉、気管に問題を抱えています。これらの問題は短頭種気道症候群といわれ、進行性に悪化して行く事が知られています。重症化した場合は命に関わることもあり、またその時点での治療は困難です。現在、生後1歳までの予防手術がこの病気の管理に極めて効果的である事が知られています。当院では多くのフレンチブルドッグやパグが不妊手術の際に同時にこの予防手術を実施しています。そして大変素晴らしい効果が得られています。

3.小型犬を飼い始めたら

小型犬では膝蓋骨脱臼(パテラ脱臼)が多く見られます。成長期に発現する事もありますが、生後2〜3ヶ月齢で発見できた場合にはIZ運動と言われるエクササイズが大変効果的です。早期発見、IZ運動によって、その異常が消失もしくは軽減する事も多くあります。最終的に手術が必要になる子も存在しますが、できる限り早期に認識しておきたい異常です。

4.大型犬を飼い始めたら

大型犬では股関節の確認をお勧めしています。股関節形成不全と言われる異常があります。股関節が変形し、痛みや脱臼を起こします。この異常は股関節の緩さが原因で、関節の形が変形して行く病気です。早期に異常に気付かれる事が少なく、診察時にはすでに重度に進行している事もしばしば見受けられます。重度の場合は人工関節や骨頭切除術などの救済手術がありますが、可能であれば早期に発見し、関節温存が出来る予防手術を行うのが良いでしょう。

5.ペットの不妊手術について

犬や猫の不妊手術は将来、発症するかもしれないいくつかの病気を予防する上で、とても大切です。雌では乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、雄では睾丸腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、前立腺肥大などのリスクを減らす事ができます。

6.歯のケアについて

乳歯が抜けないといけないのに残っている状態(乳歯遺残)

仔犬、仔猫の乳歯は生後6~7ヶ月ですべて永久歯に生え変わります。この時期からゆっくりと歯磨きの練習を始めましょう。また、歯がうまく生えかわらずに乳歯が残ってしまうと、正しい位置に永久歯が生えることができず、様々な障害を起こすことがあります。生後5~6ヶ月あたりには注意して歯並びを観察しましょう。抜けない乳歯による歯並びの異常を治すには、そのタイミングが重要です。早めにご相談ください。

このような病気でお困りではありませんか?

お気軽にご相談ください。

整形外科

  • 骨折
  • 脱臼(パテラ、股関節、肩関節)
  • 前十字靭帯断裂
  • レッグペルテス

神経外科

  • 稚間板ヘルニア
  • 環軸亜脱臼
  • キアリ様奇形

歯科

  • 口臭
  • 歯石、歯肉炎、口内炎
  • 口腔鼻腔瘻管

呼吸器

  • 気管虚脱
  • 喉頭麻痺
  • 短頭種気道症候群

泌尿器

  • 尿管結石、尿管狭窄
  • 尿道狭窄

その他

  • 心タンポナーデ
  • 会陰ヘルニア
動物口コミサイト カルーペットにカーサ動物病院が軽視されました。