AM 9:00〜12:00 PM 17:00〜20:00 木曜休診

casavet.jp

病院概要

診療について

ホームドクターとして、病気のことはもちろん、食事や予防、日常のケアについてもお気軽にご相談ください。
また、当院では内視鏡を利用した消化器、呼吸器の検査、処置や最新の外科機器を利用した様々な手術に対応しております。
皆様のペットが抱える症状の改善のお力になれれば幸いに思います。

診療動物

犬、猫、うさぎ(その他の動物についてはお問い合わせください)

診療内容

各種の予防、不妊手術、内科診療、外科診療、内視鏡検査・処置、その他各種検査

予防接種について

仔犬、仔猫ともに14週齢を過ぎるまで、最低2回の混合ワクチン接種を推奨しています。
成犬、成猫には年1回の混合ワクチン接種を推奨しています。

ノミ・ダニの予防について

ペットだけでなく、ご家族皆様の問題になるノミ・ダニ。
これら外部寄生虫はペットの痒みの原因になるだけでなく、血液の病気や消化管寄生虫感染などの原因にもなります。また、ペットが持ち込んだノミやダニはヒトにも様々な病害を起こすことが知られています。
当院では、ペットおよびご家族皆様のノミ・ダニによる病害をより確実に防ぐために、通年の予防を推奨しています。

フィラリアの予防について

予防の普及により、その発生率は低下していますが、それでも、毎年、この病気で苦しむペットの治療を行っています。以前は犬(もちろんフェレットもですが)の病気としてのみ、認識されてきましたが、現在では、猫における突然死や呼吸器疾患、慢性嘔吐の原因として重要視されています。
完全な予防が可能な病気ですから、獣医師の指示に従って、しっかりと予防をしましょう。

不妊手術について

早期の不妊手術によって、様々な問題行動、病気の予防が可能であると考えられています。当院では6ヶ月齢前後から不妊手術を行っています。

麻酔について

麻酔勉強会の写真

動物の検査、治療には様々な場面で鎮静・鎮痛や麻酔が必要になります。これは動物達の不安や痛みを取り除き、適切な治療をする上でとても大切な処置です。一方で麻酔にはリスクもあります。カーサ動物病院ではより安全に、より効果的に麻酔管理、疼痛管理を行うために全スタッフが定期的に麻酔専門医の指導を受けています。

歯科について

歯科についての写真
歯科についての写真

現在、多くのイヌやネコが歯周病をもっているといわれています。 歯周病は、口臭だけでなく、重症化すると鼻水、くしゃみ、目の下の腫れ、下顎の骨折や食欲不振など様々な障害を起こします。 また、歯周病菌が心臓などの他の臓器に病気を起こす事も分かってきています。 当院ではペットたちの歯の健康を守るため、最新の歯科ユニット、歯科用デジタルレントゲン装置を用いて、質の高い歯科治療をご提供させていただいています。

同時に歯周病にならないためのホームデンタルケアにも力を入れていますので、歯科について気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

眼科について

慢性緑内障に実施した義眼挿入後の目

慢性緑内障に実施した義眼挿入後の目

眼科についての写真

 

当院では、難治性の角膜潰瘍などの角膜の病気、ケガ、眼瞼腫瘍や逆睫毛などの瞼の問題、赤目など結膜、強膜の病気など様々な眼科疾患の内科、外科治療を実施しています。

内科について

皮膚病、消化器病、心臓病、呼吸器の病気などがよく見られます。
カーサ動物病院ではそれぞれの病気を適切に診断を行い、ペットとご家族にとって最良の治療をご提案させて頂くことを目指しています。

外科について

外科についての写真ラスベガスの写真 手術時の写真

胸部外科、腹部外科、整形外科、神経外科に対応しています。
外科治療は私たちが特に力を入れている分野です。前十字靭帯断裂に行われるTPLO,CBLO,気管虚脱における気管内ステント、尿管閉塞におけるSUB手術など国内では限られた施設でのみ行われている手術も多く実施しています。質の高い、最新の外科治療を行うために、年数回、海外の外科専門医の指導を受けています。

整形外科、神経外科について

骨折症例の写真

飛び降りによる前肢の骨折、事故による骨盤骨折、パテラ脱臼、前十字靭帯断裂が整形外科でよく見られます。
前十字靭帯断裂では現在、最良の治療といわれるTPLO,CBLOを多く実施しています。神経外科の分野ではダックスに多い頸部椎間板ヘルニア、胸腰部椎間板ヘルニアをはじめキャバリアなどにみられるキアリ様奇形の手術、フレンチブルドッグなどにみられる脊椎不安定症の手術も実施しています。

耳科について

オトスコープの写真

ペットの耳のトラブルは大変多く、慢性化、重症化したケースがしばしば見受けられます。カーサ動物病院では耳の内視鏡であるオトスコープを用いた治療を多く実施しています。また、内科治療では完治が困難な重症化したトラブルでは全耳道切除術などの外科治療も多くの実績があります。

a1_007

内視鏡について

内視鏡の写真

消化器の検査、特に食道、胃、十二指腸、回腸、結腸、直腸の検査を行います。開腹検査と比較して、極めて低侵襲です。同様に鼻腔、喉頭、気管の検査も行います。食道や胃内の異物回収や食道狭窄のバルーン拡張術、鼻咽頭狭窄のバルーン拡張術にもこの内視鏡を利用します。

カーサ動物病院について

診療について
来院のおねがい
院内紹介

病院概要のトップページに戻る

このような病気でお困りではありませんか?

お気軽にご相談ください。

整形外科

  • 骨折
  • 脱臼(パテラ、股関節、肩関節)
  • 前十字靭帯断裂
  • レッグペルテス

神経外科

  • 稚間板ヘルニア
  • 環軸亜脱臼
  • キアリ様奇形

歯科

  • 口臭
  • 歯石、歯肉炎、口内炎
  • 口腔鼻腔瘻管

呼吸器

  • 気管虚脱
  • 喉頭麻痺
  • 短頭種気道症候群

泌尿器

  • 尿管結石、尿管狭窄
  • 尿道狭窄

その他

  • 心タンポナーデ
  • 会陰ヘルニア
動物口コミサイト カルーペットにカーサ動物病院が軽視されました。